ビンテージマンションリフォーム設計-カガミ建築計画
建築家が設計するデザインリノベーション
カガミ建築計画

update  8月 07日、2014年

ヴィンテージマンション

リフォーム品川区Y邸


ヴィンテージマンション品川区


面積:82㎡(25坪)
場所:東京都品川区
予算範囲: 2200万円
設計:カガミ建築計画
    各務謙司 竹田怜未
施工:ライフデザイン


品川区の築42年のビンテージマンションのスケルトンリフォーム事例です。中学生(女の子)と小学生(男の子)の子ども二人の個室を作るとともに、圧倒的に不足していた収納場所を確保することを主目的にリフォームしました。

収納はどうしても散らかってしまうリビングダイニングとキッチンの現状を綿密に調べ、日常の生活動線と収納位置と量を検討し、収納方法そのものを造作家具のデザインに取り込んだ形で設計しています。また、収納を主に作ったリビング部分は天井をウォールナット羽目板張りで一段下げ、コンパクトに集約された空間としています。それに対して、窓側のダイニングキッチン側は、明るい色調で仕上げ、天井も高くしています。



改装前と改装後の平面図


ヴィンテージマンション事例

  

  01 目黒S邸

  

  02 港区白金台・K邸-1

  

  03 港区白金台・K邸-2

  

  04 品川区・Y邸

  

  05 千代田区平河町・O邸

  

  06 港区高輪・I邸

  

  07 港区三田・KO邸


マンションリフォームのご相談

             

使いやすく、自分らしく、ちょっと誇らしい空間は、何かを変えるはずです。早く家に帰りたい気持ち、人を招待したくなる気持ち、…デザインリフォームでライフスタイルが少しずつ変わってゆく、そんなリフォームのお手伝いを致します。
相談ご希望の方はお気軽にこちらからお申し込み下さい。

申し込みフォーム

お電話/メールのお問い合わせ
info@kagami-reform.com
03-5789-4146


リビング
リビング部分は天井を落し、羽目板張りとてダウンライトを埋め込みました。正面のクローゼット収納と仕上げを揃え、一体感を持たせています

リビング造作収納
収納量だけを考えれば、壁面全てを収納にした方が量を確保できますが、テレビを置く部分や飾り棚部分は白い壁を残すことで、抜け感を演出しています

リビング・ダイニング・キッチン
木目調の落ち着いた空間のリビングと明るいダイニング・キッチンのコントラスト。壁際の机は、ご主人のパソコン用と子どもの勉強机を兼ねています。壁の後ろに隠し扉が隠されています

リビング入り口
収納の奥行きや梁の高さの関係で、玄関ホールからリビングへの入り口が捩じれた位置関係になってしまいました。その捩じれをデザインに活用して、すぼんでゆくようなアプローチ空間を作りました

キッチン
対面型のシンクカウンターと外壁に面したレンジカウンターのニ型キッチンです。冷蔵庫はシンクの左側の袖壁の中に収納しています。排水管の関係でどうしても位置を動かせなかった洗濯機は正面右の開き扉の中にしまっています

ダイニングとリビング
羽目板張りの天井とクローゼットの扉が一枚の板を折り曲げたようになっています。天井の段差部分には間接照明を仕込んでいいます

玄関収納
壁面に沿って大容量の靴収納を作りました。梁下部分は全て靴と傘の収納で、梁の影響で薄くなった部分には分電盤と手前に見える照明ボックスを作りました。段差部分に木製手すりと小物置きを作ってみました

トイレ
かつては洗面からの出入りだったトイレを、廊下から直接入れるトイレに使い勝手を変えています。背面の収納と手洗いカウンターを新設しました

キッチン詳細
ガスレンジ正面の窓には油煙が付きやすいので、枠手前にガラスを張っています。かつては壁付けのプロペラファンだったレンジフードは、位置をずらしてシロッコファンに替えました

主寝室
腰痛持ちのご主人さまのため、床は琉球畳張りとしています。風の通り道となる場所なので、天井には部屋干し用の物干しを2本造作しました。

ウォークインクローゼット
主寝室に付随するウォークインクローゼットは内部で廊下側から使う納戸と一体化しています。また、リビング側には通風用の隠し扉が隠されています

リフォーム前のリビングダイニング・キッチン
子どもの遊び道具や勉強道具、家事の書類などを片付ける場所がなく、どうしても乱雑になってしまいがちな空間でした

リフォーム前後の平面図
姉弟が一緒に使っていた寝室を二つの個室に分けて、かつ3方向からのウォークスルータイプのクローゼットを設けました。キッチンのレイアウトも大きく変わり、リビングとダイニングが一体だったものを、上手く二つの空間に分けることができました




             

〒108-0071 東京都港区白金台3ー12-2-303
カガミ建築計画(デザインリフォーム
info@kagami-reform.com
Tel/Fax:03-5789-4146
(9:30-19:00 / 土日祝を除く)
Copyright KAGAMI-ARCHITECTS.
All rights reserved.