二世帯住宅リフォーム・鉄骨造住宅リフォーム-カガミ建築計画
カガミ建築計画

update 5月 7日、2011年

二世帯住宅・N邸リフォーム


戸建住宅(鉄骨造住戸)リフォーム
二世帯リフォーム
スケルトンリフォーム

面積:156㎡(47坪)
場所:千葉県野田市
予算範囲:2300万円~
設計:カガミ建築計画

二世帯住宅リフォーム特集へ


親・子世帯の動線が重ならず、お互いが気兼ねなく暮らせる二世帯リフォーム。

築30年の鉄骨造3階建住宅を、玄関一つ+水廻り一つパターン-Aの二世帯住宅へとフルリフォームした事例です。

事務所併用住宅に70代のお母様が一人で暮らしていた所に、息子さん一家(夫婦+子ども2人)が一緒に住む事になり、二世帯のリフォーム工事が始まりました。全体に老朽化していた建物を、一度スケルトン(骨組み)状態にしてから、全面リフォームでの再生しました。

1階は以前と同じく事務所とし、外階段から入る2階に、二世帯共通のリビング・ダイニング・キッチン・洗面浴室、それにお母様の寝室を配置しました。かつてはダイニングキッチンとリビングの二つに分かれていた部屋を、一つの大きなリビング・ダイニング・キッチンとして繋げています。リビング奥のお母様の寝室には、専用のトイレがついており、洗面・浴室に直接行けるようになっています。日中は基本的には一緒ですが、自分の生活のリズムに合わせて、自由に水回りが使える構成になっています。

3階は子ども世帯専用のスペースです。子世帯用のミニ・リビングと、夫婦の寝室は3枚の引戸によって完全開放ができるようになっています。ミニ・リビングがある事で、深夜ゆっくりご夫婦で話したり、早く寝られるお母様に気兼ねなくテレビを楽しむ事も可能になっています。



キッチンのビフォーアフター


改装前と改装後の2階平面図

改装前と改装後の3階平面図

プレゼンテーションシート-1

プレゼンテーションシート-2

二世帯住宅リフォーム事例

01 渋谷区広尾・K邸

02 野田・N邸

03 目白・S邸

04 逗子・U邸

05 市川・Y邸


リフォームを御検討の方へ

             

使いやすく、自分らしく、ちょっと誇らしい空間は、何かを変えるはずです。早く家に帰りたい気持ち、人を招待したくなる気持ち、…ライフスタイルも少し変わって行く、そんな空間作りを一緒にしてゆきたいと思います。
相談ご希望の方はお気軽にこちらからお申し込み下さい。

申し込みフォーム

お電話/メールのお問い合わせ
info@kagami-reform.com
03-5789-4146


リビングからダイニングを望む
二つの部屋の壁を取り、広がりのある居室空間に


抜く事ができない鉄骨柱は麻紐を巻いて部屋のアクセントとしました

長さ5.4mのロングキッチンカウンター 
冷蔵庫は右手の黒い箱の後ろにあります
この キッチンのビフォーアフター
リビングルーム
白い塗装壁と白拭き取りのフローリングで明るいイメージの空間にリフォームしました

来客用トイレ
黒い箱の後ろ側 右手が玄関、正面が手洗い

子世帯用リビング(3階)
正面の寝室、右手の廊下とそれぞれ引戸の開閉で繋がります

リフォーム前のキッチン
電気機器が溢れ、古くなって使いづらかったキッチン

リフォーム前後の二階平面図
薄いベージュが共用部分。奥のグリーン部分がお母様の居室で、専用のウォークインクローゼットを経て、自分用のトイレと、共用の洗面・浴室へと繋がっている。

リフォーム前後の三階平面図
右上が子世帯専用のミニ・リビングルーム。若夫婦の寝室とは引戸で繋がっているので、一室として使用する事も可能。廊下には子どもが遊べるコーナーも設置。




             

〒108-0071 東京都港区白金台3ー12-2-303
カガミ建築計画(デザインリフォーム
info@kagami-reform.com
Tel/Fax:03-5789-4146
(9:30-19:00 / 土日祝を除く)
Copyright KAGAMI-ARCHITECTS.
All rights reserved.