箱根中古別荘リフォーム設計-カガミ建築計画
カガミ建築計画

update 3月 7日、 2013年

箱根・C別荘リフォーム
Country Cabin Renovation, Hakone


別荘リフォーム
中古別荘・デザインリフォーム

面積:128㎡(39坪)
場所:神奈川県箱根町
予算:工事費 1900万円

    設計料  300万円
設計:カガミ建築計画

天井・間仕切りを全て撤去して現れた大空間。まさに劇的な別荘リフォーム。

築25年の中古別荘を購入したCさまからのリフォームの依頼です。キッチン、ダイニング、リビングが小部屋に別れ、廊下で区切られた窮屈な間取りの別荘を、風通しが良く、明るく、どこの部屋からでも緑が見える別荘にリフォームすることになりました。

始めて現場を見た時点では、既にCさまが自力で壁を解体した第1期工事の後で、将にスケルトン状態でした。柱や筋交いを抜きながら、その分を違った場所で補強する方針に定め、ここから工務店に入ってもらい、構造的なリフォームである、第2期工事を行ないました。部分的に集成材や鉄の部材を入れて、頑丈に固めました。補強の結果、大きなLDKの上部にロフトへのブリッジが掛かることになりました。

第3期の工事は、水周りの位置を決定した上で、給排水と電気を廻し直し、床のフローリング、壁には断熱材を施工した後、プラスターボードや下見板張りの仕上げ工事です。壁にはブリッジへと登る梯子を取り付け、キッチンや洗面も基本的に使えるレベルまで製作することになっています。リビングには薪ストーブの設置も行ないます。

第5期工事は、天井に断熱材を施工し、下見板を貼り、プラスターボードの壁を塗装で仕上げ、造作キッチンを完成させました。予定しています。フローリングのワックス掛けは、施主と設計で一緒に行なう約束になっています。この工事の直前に、お施主様がDIYで第4期工事として、ウッドデッキを完成させています。

箱根C別荘-2へ

箱根C別荘 雑誌掲載事例




家庭画報(世界文化社)09年9月号


リフォーム前とリフォーム後の平面図



その他の別荘リフォーム事例

  

  01 伊豆・K別荘-1

  

  02 伊豆・K別荘-2

  

  03 軽井沢・Y別荘-1

  

  04 軽井沢・Y別荘-2

  

  05 箱根・C別荘-1

  

  06 箱根・C別荘-2

  

  07 箱根・S別荘

  

  08 中古別荘リフォームチェックリスト



箱根C別荘のリフォームブログ

  01 不思議な縁の別荘

  02 構造補強

  03 別荘のロフトとブリッジ

  04 換気対策と寒気対策

  05 生まれ変わった別荘

  07 風と視線が抜ける別荘

  08 別荘内部にジャングルジム?

  09 別荘雑誌に掲載

  10 完成引渡と写真撮影

  11 箱根C別荘のロケハン

  12 家庭画報の取材撮影

  13 家庭画報に掲載


別荘リフォームのご相談

             

気持ちよく、自分らしい別荘は、普段の生活も豊かにするばすです。頻繁に別荘に行きたくなる気持ち、ゲストを招待したくなる気持ち、…別荘リフォームでライフスタイルが変わる、そんなリフォームのお手伝いを致します。
相談ご希望の方はお気軽にこちらからお申し込み下さい。

申し込みフォーム

お電話/メールのお問い合わせ
info@kagami-reform.com
03-5789-4146


天井の高いリビング
天井を解体し、天井裏に隠されていた大空間をリビングに合体させています。

吹抜けの上部
リビング上空の吹抜け空間です。構造補強の結果現れた、橋状の部分は、ロフトへと繋がるブリッジとして活用します。

キッチンからリビングを望む
大きな(2.4m×1.2m)イート・イン・スタイルのアイランドを中心に据えたキッチンです。板張りのリビング壁の後ろには、寝室への廊下が隠れています。

薪ストーブコーナー
ボーダースタイルの石を壁に、大谷石を床に貼った薪ストーブコーナーです。ダッチウエスト社のニ次燃焼型の大型ストーブです。右奥に見えるのが玄関で、左奥が洗面への扉です。

書斎からリビング、寝室へと視線を通す開口
薪ストーブの石壁の開口越しにリビングを覗くと、この別荘で一番長い軸を体感できます。

床フローリング詳細
杉の3センチ厚の無垢フローリング材です。ソリの方向性を考えて、朝鮮貼りにしています。

ロフト
浴室、洗面、洗濯部屋の上部には床を張って、書斎としても利用できるロフトができました。

リフォーム前のリビング
中央に廊下があり、各部屋が小さく区切られていたリフォーム前の様子です。それぞれが小さな空間で、写真をきちんと撮影することも難しい構成でした。

リフォーム前の様子
一つ一つの空間が小さく、大きな空間であることが実感できない別荘でした。

リフォーム前後の平面図
廊下で区切られていた小割の空間が大きな空間に統合されています。ダイニング・キッチンから南側の緑が一望できる空間構成になりました。


             

〒108-0071 東京都港区白金台3ー12-2-303
カガミ建築計画(デザインリフォーム
info@kagami-reform.com
Tel/Fax:03-5789-4146
(9:30-19:00 / 土日祝を除く)
Copyright KAGAMI-ARCHITECTS.
All rights reserved.