建築家が設計/デザインする リフォームの提案-カガミ建築計画 東京港区
カガミ・デザインリフォーム













リフォームについて

ニューヨークでのリフォーム

1992~95年の期間、留学と仕事でアメリカに滞在していました。New York(ニューヨーク)では高 級住宅の改装を柱としている設計事務所Cicognani Kalla Architectsで仕事をしており ました。
歴史の浅い国、アメリカでは予想以上に古いものが尊重されています。アンティークの置物 やキルト、そしてマンションもPre-Warと言って、第一次大戦以前に建てられたマンション に住み事が住民のステイタスとなっています。古いマンションの外観は古いままに、内部の インテリアや設備を刷新するリフォーム工事は、新築以上にノウハウと丁寧さが必要な仕事 とされていました。
日本でもようやくリフォームの社会的重要さが認知され始めましたが、十数年前からマンショ ンの改装を設計、監理してきた経験が日本でも役に立ち始めてきました。



■TOP ■HOME

私達の「建物の設計」について

-私達は「建物の設計」ということをこのように考えています。-

建築の設計とは、単なる空間のデザインに留まらず、その空間で過ごされるであろう生活、行われるであろう活動にまで想像をめぐらせることだと考えています。

敷地の特性、予算、機能等、多様な設計条件を考慮しながら、最も重要である使い手の個性、その人が魅力的に感じるスタイルを一緒に探し出して行くことを心掛けています。 建て主の方とお話しする際は、よりよい建物について共に話し一緒に悩み、考えて、なるべく多くの時間を共有することを大切にしています。
数多くの打合せや提案を重ねる中で、空間のあり方についての様々なアイデアが生まれ、理想的な空間が導き出されてきます。一緒に多様な経験を重ねることで、空間の形がまとまってくるのです。

このホームページには、今までカガミ建築計画が設計してきたリフォームプロジェクトをまとめたものを掲載しています。一つ一つの建物には、設計の際にお施主様と一緒に考えたアイデア、思い出が詰まっています。全体を通したデザインの集まりというより、小さなエピソードが詰まった短編小説集のように思って見ていただければ幸いです。



■TOP ■HOME

リフォームにおける建築家の役割

リフォームには構造や、設備や規約や法規による制限が多く、できないこともたくさんあります。 お施主様のご要望通りにするのであれば、リフォーム屋さんで十分に適います。ご要望が多くそれ らの整理がついていない場合、優先順位の設定や、ご要望の読み直し等で計画をまとめてゆく構想 力が必要となります。カガミ建築計画のフレキシブルな構想力と、問題を解決するデザイン力がき っと役に立ちます。
一般的なリフォームと、カガミ建築計画が設計したリフォームの違いは、素材や色の吟味や、細部 (ディテール)の収まりといった、案外と地味な部分から滲みでてくるもののようです。大手のリ フォーム会社が施工した実例の写真と、我々の写真を見比べて頂ければ、違いがどのように空間に 影響を与えているかが判ると思います。
インテリアコーディネーターのスタッフもおりますので、家具やカーテン、照明等の選定のお手伝 いも可能です。



■TOP ■HOME

リフォームとは

「居心地のよさ」、「気持ち良い」は広さや、何LDKといった物理的な条件だけから 決まってくるわけではありません。「狭いのにかえって落着く」、逆に「広いのに家 具をどう配置してよいか判らない」という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。 狭く感じる理由にも、家具のレイアウトの問題、収納の問題、人の動線の問題、或いは 天井の梁の問題等、色々なケースが考えられます。それらを分析して、リフォーム計画 の中で解決方法を見つけ出すことが、私達カガミ建築計画の仕事です。これは言わば、 住空間をお施主様の為に「カスタマイズ」する事と同じなのです。



■TOP ■HOME

これからの暮らし方を反映したリフォーム

マンションや建売住宅は「誰でもが住めるが、誰もが住みにくい」空間となっています。 誰もが「使い勝手が悪い」、「生活スタイルと間取りが合わない」、「使いたい空間が小 さいのに、使わないスペースがたくさんある」などの問題を抱えているのではないでしょ うか。
カガミ建築計画では、建物の特性を探り、住まい手の暮らし方、特にこれからどう暮らし てゆきたいかをお施主様とのお話の中から読み解いて、計画してゆきます。 特に耐震、バリアフリー、収納、子ども部屋、床暖房、洗面・浴室、キッチンといったキ ーワード毎に、豊富な実績がありますので、どうぞご相談下さい。



■TOP ■HOME

工期と工事費

工期は約2~3ヶ月を見込んでください。設計契約をして頂いてからの設計期間は2~3ヶ月で、見積もり調整がプラス1ヶ月です。
カガミ建築計画がお手伝いするリフォームの最低限の予算の目安は600万円(設計料、消費税抜き)です。坪当たりの目安は40~60万円です。給排水工事、衛生工事、空調換気工事、電気設備工事、キッチンや造作家具工事をどこまで含むかによって、巾が生じています。住みながらのリフォームの場合は工期が1.5~2ヶ月になり、費用も約1.5倍かかります。ご家庭の事情が優先されますので、どうぞご相談ください。
□■□リフォームの流れ詳細はこちらへ□■□
■□■リフォームの費用詳細はこちらへ■□■



■TOP ■HOME

設計と施工とメンテナンス

設計者と施工業者は独立した存在であることを理解してください。お互いが独立した存在である 事が、お施主様の味方として雇われた設計者が、施工業者を監理する上で役に立つのです。した がってお客様は施工業者と直接工事契約を結んで下さい。施工者の選定は工費1000万円を超える 物件の場合3社程度で競争見積りを行います。それ以下の場合は見積りの業者が少なくなります。 特にコストとスケジュールの監理は、プロでなければ出来ない難しい業務です。
また、実際に工事が進んでいる最中にも、思わぬ事態が生じることも多くありますが、設計者は いつの場合でもお施主様の側に立って、対処方針を立て、その説明をいたします。
引渡し後のメンテナンスもとても重要です。カガミ建築計画では工事前から施工側にメンテナンス の条件を提示し、それに沿った工事を指導いたします。 メンテナンス契約の書式は事務所リフォームのホームページで公開していますので、どうぞご参考 までにご覧下さい。



■TOP ■HOME

現地調査・3つの項目

ラフプランまでは、お施主様お手持ちの図面を参照して作ります。そこから先に進み、リフォ ームプランを練る上で重要なのは、現地の調査と実測です。施工時の図面が一式あるのが望まし いのですが、ない場合が多いようです。調査には観察、ヒアリング、実測の3つの項目がありま す。観察は、とにかく建物のありとあらゆる箇所を観察しながら、問題になりそうな部分を見て ゆくことです。ヒアリングはこれまでの建物の補修の履歴や、調子の悪い部分の話を伺いながら 、現場を見ながら調査させて頂きます。実測は現場で実測することと共に、事務所に戻って図面 化することまでを含みます。大枠寸法から隠れた構造体を見つけたり、細かい部分の調査から結 露の跡を見つけたり、設備の異常な点を探し出したりするのです。
耐震設計の場合は、大工 と一緒に壁や床・天井を壊しながら調査する必要も生じます。何十年も前に建てられた建物が、 どういう考えで作られたのかを推察しながら、それらに対する補強方針を考えて行くのは、探偵 が幾つかの証拠から、隠された事実を探り出して行く作業に似ています。
ここでは何よりリフォームの経験が重要でと感じています。カガミ建築計画はリフォーム分野で 十年以上の経験があり、多様なケースに対応できるノウハウを蓄積して参りました。



■TOP ■HOME

             

〒108-0071 東京都港区白金台3ー12-2-303
カガミ建築計画(デザインリフォーム
info@kagami-reform.com
Tel/Fax:03-5789-4146
(9:30-19:00 / 土日祝を除く)
Copyright KAGAMI-ARCHITECTS.
All rights reserved.